サービスが豊富な宿泊施設に行こう

基本的なグッズを借りよう

犬は、基本的にケージの中で眠ります。
しかし普段使っているケージは大きいので、宿泊施設まで持って行くのは難しいと思います。
特に電車やバスなどの交通機関を使う場合は、荷物を減らしたいですよね。
ケージは借りられる宿泊施設が多いので、持って行かなくても大丈夫です。
犬の大きさに合わせて、ふさわしいケージを選択してください。

最初からケージを借りる予定であれば、予約する時に借りたいと伝えておくといいでしょう。
宿泊客が多くて、みんながケージを借りたいと言えばすべて貸出中になってしまう可能性があります。
予約していれば、確実にケージをレンタルできるので、犬は安心して眠ることができるでしょう。
何をレンタルできるのか、予約する前に確認してください。

ペットが粗相をしてもいいように

しっかりしつけされているペットでも、旅行中は気分が高まって、部屋の中で粗相をしてしまう可能性があります。
そのままにしておくと、拭いても臭いを取ることはできません。
きちんとペット用の消臭剤を使ってください。
フロントには、消臭剤が用意されています。
必要に応じて貸し出してくれるので、もしペットの臭いが気になるようだったら消臭剤を借りてください。

早く消臭剤を使わないと、臭いが染み込んでしまいます。
すると消臭剤を使っても、落とすことは難しいです。
ペットが粗相をしたら、すぐ処理する意識を持ってください。
宿泊客のスタッフが掃除しにくるからいいと、何もしないのはマナー違反です。
自分のペットの後始末は、自分で行ってください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ